エコキュートおすすめ商品

エコキュートのしくみ

ヒートポンプ技術を利用

 エコキュートは、空気の熱を利用してお湯を沸かす「ヒートポンプ」の技術を利用してお湯を沸かす。次世代の給湯システムです。
 ヒートポンプとは、これまでのように火や電気を使って直接水を温めるのではなく、太陽で温められた空気中の「熱」を熱交換機で冷媒に集め、 その冷媒を圧縮機で圧縮してさらに高温にし、高温になった冷媒の熱を水に伝えてお湯を沸かす仕組みです。

 空気の熱を上手に活用するので、投入した電気エネルギーの3倍以上の熱エネルギーを得ることができます。

ヒートポンプユニット

上の図の(1)から(4)の作動を繰り返し、タンクにお湯を貯めます。
 (1) 大気中の熱を自然冷媒に集めます。
 (2) 熱を吸収した自然冷媒を圧縮して、さらに高温にします。
 (3) 自然冷媒の熱を水と熱交換。ヒーターレスで最高約90℃のお湯を沸き上げます。
 (4) 熱を奪われた自然冷媒は、再び熱を集めます。


最高水準の省エネ性

 従来、住宅設備の省エネ比較や評価は各メーカーや業界がそれぞれの基準に基づいて表示してきましたが、省エネ法の改正に伴い、省エネ対策について 総合的に判断するための新しい基準が設けられました。

 新しい省エネ基準により、給湯器の省エネ性が一次エネルギー消費量で一律に評価され、エコキュートの省エネ性が最も高いという結果になりました。



私たち地球の未来のために

 2001年に登場した「エコキュート」の出荷台数は年々増加しており、2009年度末には国内メーカーの総出荷台数が225万台となりました。また、オール電化設置実績も年々増え、オール電化の世帯普及率も年々高くなっています。

 国は、従来の燃焼式給湯器と比較してエネルギーを消費する際に排出するCO2を約50%削減することができる「エコキュート」を2020年までに1,000万台普及させることを目標としており、普及を促進するために「エコキュート導入補助金制度」なども実施されています。


エコキュートおすすめ商品